無料ブログはココログ

2013年12月 7日 (土)

今日のおやつ

今日は頑張ってお料理?料理ではなくおやつを作りました。簡単ですが手抜きをしたのでおいしさは今一なり。何を手抜きしたでしょう?内緒。
        ※ぜんざい。サツマイモと林檎の煮物。ゆずのジャム
2_3

2013年11月23日 (土)

サークルの忘年会も終わって。

 BURBのサークル活動は今年は12月15日で終わります。だから早いけど11月18日に忘年会をすることになりました。
 参加者38名の大人数で、楽しく過ごそうといろいろな計画をしました。 
カラオケ、マンボや炭坑節の踊り、ビンゴでのプレゼント配りがあり、時間はアッと云う間の2時間半でした。山本先生にはフラメンコを踊って頂きました、とても素敵でした。坂本先生も会を盛り上げたいと、余興に潮騒のメモリーを踊って頂きました。「俺はなんにもしないでいいなら参加する」と、言っていたMさん、足が悪いといっていたHさんも踊りに参加され、全員(38人)で踊りました。中村先生も元気に参加されて良かったです。先生たちにはこれからもいろいろ教えてほしものです。残念だったのは、カラオケの調子が悪くて、「ごめんなさい」でした。
 毎年参加者が増えていくのも、楽しいからだと思っています。
みんなさーん 元気で、ともだーちでいましょーう!01412013_1118_202728f10000273_2

 

2013年11月21日 (木)

本日は植木屋さんです。

本日は植木屋さんなり。
 以前は植木屋さんやシルバーセンターの剪定班にお頼みしていた庭木の剪定を、G-Gの定年後、通りがかりのおばちゃんに「自分でするうちに、庭木が教えてくれるくれるよ」と言われ、節約も兼ねて2人で頑張ってきた。
2、3年前からは高い木は短く切ってしまい、おかしな格好にはなっている。が、低くしたので   随分楽になった。
Img_009401_4   Img_009502_2   

藪みたいになっていた庭はすっきりとした庭になった。ご苦労さんでした。
 そろそろフェンスかブロック塀にでもと考えているところです

Img_01461_2  3_3











 

2013年11月 8日 (金)

生姜料理をしました。

生姜のピール、佃煮 きんぴら、甘酢漬けなど作りました。
 生姜のピール
   材料
     生姜・・・500g
     砂糖・・・400g
     グラニュー糖
 作り方
    1)洗って皮をむき、2~3mmの厚さに切る。
    2)洗ってたっぷりの水にて洗う。鍋にお湯を沸かし2~3回茹でこぼす。
    3)鍋に水気を切った生姜を入れ、その上に砂糖を入れ火にかける。
     はじめは中火で後、弱火で煮詰める。
    4)生姜が薄茶色になり結晶状になるまで煉る。
      砂糖がざらざらになったらクッキングシートに広げてグラニュー糖をまぶす。

※厚い鍋で作る方が良い。
※クックパッドのレシピを参考にしました。

 生姜の佃煮Img_0130_800x600_2

   材料
     生姜・・・・・200g
     炒りごま・・大さじ1
     カツオ節・・1~2パック
     濃口醤油・・・60ml
     砂糖・・・・・・・30ml
     みりん・・・・・・60ml
     酒・・・・・・・・・45ml

※生姜は洗って切ってから水で洗って2回ほど茹でこぼす。
 

 
 

2013年10月31日 (木)

第33回全国豊かな海づくり大会~熊本~10月26日~27日

 10月27日は天皇、皇后両陛下をお迎えして、水俣のエコパークで魚の放流行事が行われたので、お二人のお迎えに行きました。国道3号線は新水俣駅からエコパークまでお迎えの人でいっぱいでした。警備の人達も多かったです。
 早くから並んでいたら、警備の若い人が 「小さい子供さんは前においで、紐が引いてあるのでそこから前で旗を振ると車や人に当たるから前に出ないでね」など一通り説明。
 おばあちゃんは若いポリスさんへ「どこから来たの?いつまでいるの?etc・・・」聞いている。
 「これから練習しましょう。自分が皇后様の代わりに通りますから」と旗を振らせる。皆んな素直に云うことを聞く。何分かおきながら4回も振って楽しんでしまいました。皇后様が通られると見とれてしまいシャッターチャンスを逃してしまいました。それぞれ帰りながら後ろの方で「綺麗だったねー。帰りも見送りに来よう」との声。BURBもG-Gも同感。お帰りの時もお見送りに行きましたが、楽しいポリスさんではなく残念でしたが。それでも天皇・皇后様はよかったです。ちゃんとお見送りいたしました。皆様お疲れ様でした。
Img_0120_800x600

1_2

 

2013年10月25日 (金)

第15回ながしま造形美術展

2年に一度開催される鹿児島県出水郡長島町の造形美術展へ行きました。
島じゅうの人達・自治公民館・学校・PTA・各種団体・役場各課で造られる造形物はとても見ごたえがあり、島のまとまりに感心です。イベント会場に行くまでの道路にはいつも花が咲いているし・・・・。
Img_00991Img_01122_3

Img_01131_2Img_01084_2


作品は流木・貝殻・杉の葉っぱ・すすきなどで出来ていて、30年の歴史があることに驚き、それぞれがよく考えてあり、すごい。

2013年10月17日 (木)

十五夜さん(旧暦)

 うーさぎ うさぎ何見て はねる、十五夜お月さんみて はーねる。

 休憩させてもらおうと、ふれあいセンターに立ち寄ったら、「今日は十三夜だけど十五夜のお団子づくりをしています。ごいっしょにどうですか」と声をかけられ、「お願いします」と参加させてもらった。

3_31_4

楽しくだんごを作ってお茶を戴きました。急用が出来てしまい、最後まで居れなくてごめんなさいでした。
                                                         BURBが小さいころ 団子・クリ・サツマイモ・柿などをざるに入れて縁側に置いて、お月さんへお供えをしていました。今、実家ではどんなにしているのだろうか?。当時「十五夜さんにあげたのは女は食べたらだめ」と 云われていたように思う。供えてない果物があったのでそれを食べていたかな。うろ覚えの記憶なり。
BURBも何年か前まですすきやおみなえしを取ってきて飾り、お団子を作り、お供えしていました。
そういえば、子供会の十五夜の行事に綱引きがあり、ご近所誘いあって綱を引きあっていたのもなつかしい。(写真の提供をチャウちゃんママにお願いしました。)
 

2013年10月16日 (水)

チャリティー素人ひょげ踊り大会

  お待たせいたしました!今年もやります!笑っていただきます!
人生笑いが一番・健康が一番
第15回チャリティー素人芸人ひょげ踊り大会

 ひょげ踊り大会は、呼び込みの太鼓がなり、市長さんの挨拶から始まりました。
招待券を戴いたので特等席に座らせて頂きました。「何かしてください」と,言われはしないかと,はらはらとしたりもして・・・
 「ひょげってふざけるとかおどけるって意味だよね」「ひょげと云う言葉はどこまで通じるんだろうか」と、お隣のお姉さま方が話している。
舞台の上では幼稚園児や、近所の踊り大好きのおば様たちが、ひょげながら,おもしろおかしく芸を,見せている。
「昨日はラジオに出ました。明日は指宿に行きます」と、売れっ子の素人一座などいて、それは楽しいものでした。いっしょに踊りたくなるような一座もあったしー。
 歌手の渕上雅代さんが、歌を聞かせてくれました。さすがプロ歌手です。歌もうまいし話も上手。舞台から降りてきて握手をいっぱいされていました。
 (以前売れっ子歌手の○○かおりさんを4000(4500)円出して見に行ったのに衣装の着変えも無し、舞台から降りることもなかったのに・・・)
 今回の入場料はチャリティー料金500円也。
来年も応援に行こうかな。
 

 

2013年10月13日 (日)

今年も市民体育祭にちょこっと参加してきました。

今年も市民体育祭のBURBの参加種目はボーリングでした。
 昨年のボーリングリレー(ドッジボールを5~6m先にあるビール瓶に当てる競技)で 5回とも当たらなくて情けなく、感が無くなったと嘆いていました。今回もお誘いがあったので感を取り戻そうと出かけました。
今年は一発で倒れちゃいました。えへん。(実はおうちで10回ほど練習したんです。運よく瓶に当たった思うけど)
昨年と同じようなメンバーなので和気あいあい?。結果はビリから2~3番目でした。
10年位前まではいろんな役で走り回っていた自分たちは、少しずつ子供たちに譲っているのを実感しています。皆さんお疲れ様です。
   丁寧なご案内のカードを頂きました。

 Img_00902_2




2013年10月12日 (土)

久しぶりのアップです。

サークルで人吉から鹿児島へ旅行しました。
バス会社のツアーで列車とバスの旅です。
列車からの眺めは、日本の三大車窓の1つだそうです。各駅に止まりながら、それぞれの駅の風景、D51のある車両基地などを見学しながら、鹿児島中央駅に着きました。
駅では観覧車に乗り、お土産を買い、コーヒーを飲んでバスに帰ると、桜島が爆発したばかりらしく、空からは灰がパラパラと降ってきて、みるみるうちに空は暗く曇ってきました。
鹿児島の人達の大変さを実感したところです。出水市に入ると2重の虹が出ていて、虹が迎えてくれました。.。
色々な風景を見れて満喫した旅でした。

Dscf15512_2Dscf15912_3

Dscf16142_2
Dscf1618_2

«松飾りもとれて・・・